深作 秀春 Hideharu Fukasaku

fukasaku work

作品タイトル:

サイズ:

技法:


横浜市 生まれ
横浜翠嵐高校卒業後、宮崎の航空大学でパイロットとなり、すぐ医学の道へ転向

1982年 国立滋賀医科大学卒業
1982年 横浜市立大学付属病院
1985年 昭和大学付属藤が丘病院
1988年 横浜市西区に深作眼科開院、同院院長、日本芸術家連盟の会員
1990年 米国眼科学会で最高賞受賞
1992年 世界眼科学会でグランプリ受賞
1994年 日本で最初の近視矯正レーシック手術を開始
2000年 網膜剥離の完全な手術方法開発
2008年 極小切開緑内障手術を開発
2012年 多摩美術大学大学院修了
2012年 アート・スチューデンツ・リーグ・ニューヨーク就学

【世界最高の眼科外科医】
常に世界をリードして眼科医療に寄与
米国眼科学会の理事やアカデミー会員として世界中で講演指導
国際眼科学会で最高賞などを19回受賞し、世界最高の眼科外科医として知られる
米国、欧州、南ア、アジア州で眼科手術を講演教育
米国と南アでの眼科レジデント講座開講寄付
眼科手術や手術機器の開発に世界的に貢献し、最新外科手術を日本に紹介

【画家としての姿】
海外学会に参加する傍ら、現地取材した油彩大作及び水彩画の制作を精力的に行う
独立美術展やパリ・ルーブル美術館でのサロン・ナショナル・デ・ボザールなど徐々に画業でも世界に問い始めている

Copyright © 2012 アジア美術家連盟 日本委員会 All Rights Reserved.