アジア美術家連盟 日本委員会 規約(案)

 

   本規約は、平成8年4月1日から施行する。   
   本規約は、平成18年4月1日から改定施行する。
   本規約は、平成19年4月1日から改定施行する。

(名称)
第1条
この会は、アジア美術家連盟 日本委員会という。
(事務局)
第2条
事務局を、代表者宅、におく。
(目的)
第3条
アジア国際美術展の永続的発展を図るとともに、アジア美術家連盟、各国、地域委員会との友好と研鑽を深め、清新にして豊かなアジア美術の創造と推進を目的とする。
(事業)
第4条

前条の目的を達成するために、次の事業をおこなう。
 1 アジア国際美術展覧会、日本委員会展覧会(アジア美術福岡展)
 2 アジア各国 地域委員会、及び会員相互の友好研鑽の事業、
 3 アジア美術の紹介、(アジアの各委員会の企画による展覧会支援)
   他 団体との交流。その他目的達成のため必要な事業。
(会員)
第5条

この会の会員は次の通りとする。
 (1)正会員は本会の目的に賛同し、運営委員会にて推薦、承認された者とする。
 (2)交流会員は本会の目的に賛同し、運営委員会にて推薦、承認されたアジア各国、地域の者とする。交流会員の出品は原則として、日本委員会展(アジア美術福岡展)に限る。
 (3)名誉会員 この会の発展に特に功労のあった者。
 (4)永久名誉会員 この会の発展に特に功労のあった物故者
 (5)賛助会員は、本会の目的、事業に賛同し、運営委員会にて承認された者とする。賛助会員は、展覧会、その他の行事に招待され、会報をおくられる。
(運営)
第6条

役員は次のとおりとする。
代表1名、副代表若干名、運営委員 数名、会計監査1名、顧問 若干名とする。
代表、副代表、運営委員、会計監査は総会にて選出する
事務局、会計は運営委員より代表が委嘱する。
代表は、会務を統括し、副代表は代表を補佐する。
第9条 運営委員は、運営委員会を組織し、会の適正な運営につとめる。
会計監査は、会の会計及び、業務を監査する。
第10条 役員の任期は2年とする。ただし再任は妨げない。
(会議)
第11条
総会は年1回行う。必要に応じ代表は臨時総会を開くことができる。
第12条 運営委員会は、年2回行い、代表は、必要に応じ運営委員会を招集することができる。
(会務)
第13条
第14条
第15条
経費は、会費、賛助会費、助成金、その他の収入による。
役員の報酬、及び旅費、慶弔に関する規定は、運営細則による。
会計年度は、毎年4月1日より、翌年3月31日までとする。
(付則)
第16条

本規約にない事項については、細則にて運営する。
細則は、総会にて決定するものとする。
運営細則 この会の入会金は次の通りとする。
(1)  正会員     無  料
(2)  交流会員    無  料
(3)  交流会(学生) 無  料
(4)  名誉会員    無  料
(5)  永久名誉会員  無  料
(6)  賛助会員    無  料
第2条 この会の年会費は次の通りとする。
 (1) 正会員      10,000円
 (2) 交流会員     5,000円
 (3) 交流会員(学生)   1,000円
 (4) 名誉会員       無  料
 (5) 永久名誉会員     無  料
 (6) 賛助会員     5,000円  加入口数は自由
第3条 日本委員会展(アジア美術福岡展)出品料
    正会員              5,000円
   交流会員     5,000円
   交流会員(学生) 3,000円
第4条 第14条の運営細則は、次の通りとする。
役員の報酬、及び旅費は実施細則による。
正会員及び名誉会員死亡の場合は、弔慰金10,000円とする。ただし、会費未納者に対しては考慮する。
その他の慶弔については、代表、副代表が協議して決定する
   改 正
Copyright © 2012 アジア美術家連盟 日本委員会 All Rights Reserved.