アジア美術家連盟 日本委員会 事務局からのお知らせ


光行 洋子2011 年も残すところ僅かになりました。今年は3月11日の未曾有の東日本大震災で多くの皆さまの尊い命を失い大変な年でした。一日も早い復興を願いたいもので す。事務局から平成22年度と平成23年度の事業報告その他ご報告申しあげます。平成22年度は、第19回アジア美術家連盟日本委員会展を福岡アジア美術 館企画ギャラリーにおいて、平成2 2 年6 月3日( 木) ~ 6 月8 日( 火) まで6 日間開催、会員作品は絵画4 8 点、版画1 2 点、彫刻1 3 点、映像1 点、合計7 3 点、交流会員作品8 点を展示。平成2 2 年9 月にモンゴル国立現代美術館で開催される第25回アジア国際美術展に出品いたします作品20点も合わせて展示いたしました。第25回アジア国際美術展( モンゴル展) は、モンゴル国では、初めてであり平成2 2 年9 月1 5 日~ 1 0 月2 1 日まで開催されました。
モンゴルの美しい 草原や青い空をイメージした「アジアの精神青い空:環境バランスと変化」のテーマでモンゴル国あげての開会式に日本委員会からも多数参加され友好の輪が広 がりました。平成23年度の事業につきましては、第26回アジア国際美術展(韓国)は、「アジアの芸術と文化のグローカリゼーション」のテーマで平成23 年9 月1 2 日~ 2 1日までソウル市のハンガラム美術館、9 月3 0 日~ 1 0 月2 3 日まで全北市全北美術館で開催され、日本委員会からは30点出品しました。韓国展の開会式には、日本委員会から最多の21名が参加しました。
モン ゴル展、韓国展の詳細な報告が宇田川代表より報告されております頁をお読みいただければと思います。第2 0 回アジア美術家連盟日本委員会展は、新春の平成2 4 年1 月2 日( 月) ~ 1 月1 0 日( 火) まで福岡アジア美術館企画ギャラリーで開催いたします。今回の日本委員会展は、韓国展報告をかねて韓国に出品いたしました作品と第
2 7 回アジア国際美術展( タイ展) へむけての作品を展示します。更に会員および交流会員の絵画、日本画、彫刻、ミッククストメディア、版画、映像などの大作、力作を加えて、合計1 2 4 点展示いたします。最後になりますが今後とも各方面の皆さまには、アジア美術家連盟日本委員会へのご支援とご協力をよろしくお願い申しあげます。

事務局 光行 洋子(日本委員会副代表・九州産業大学大学院芸術研究科長)


© 2012 アジア美術家連盟 日本委員会 (AIAE-Japan)